おまけ、ここまでの挫折辺
すぐに思いつきそうなアイデアですが、ここまでに至るまでいくつかの挫折がありました。

ある日U−1は考えた。
こんな、足場の無い給水気など、ダメだ!!
コオロギが自由に上り下りできる、そういうものを作ろうと。
こうして
『プロジェクトエックス コオロギ』
がはじまったのです。
♪風の中のすばる〜砂のなかの銀河〜・・・・

U−1は言った。
ようは、足場になる突起があればいいのか・・・と。

彼は考えた。100円ショップにあるもので、突起が作れないかと・・・
で、結論に至ったのが、マニキュアのラメだった・・・。

2種類のマニキュアを試してみた。

・・・・ダメだ。
コオロギは登るが大きなコオロギしか登れない。

こんなものでは、ダメだ。
どんな大きさのコオロギでも登れないと給水機なとどは言えない。

コオロギ給水機2号改良計画は白紙にもどされた。

今度は、ダンボールを切って給水機の周りに巻きつけてみた。
これは、一時成功したと思われた。
だが、ダンボールが湿ってしまう為却下された。

これも、ダメだ。
もっと長期間使える足場でないと・・・。

ある日、カッターナイフでエンピツを削っていたときU−1の頭に閃光が走った。
「これだっ!!」

U−1は持っていたカッターで狂ったように給水機の側面を切りつけはじめた。
まわりの人間はついに、挫折したのかと、彼をみつめていた。

「U−1さん、なにを・・・」
「黙ってみていろ!!」
U−1は鋭く言い放ち、そのキヅついた、給水機をおもむろに、コオロギの飼育ケージに入れた。


コオロギが登った!!
そこから、傷を簡単につけるために、爪やすりに行き着くまでに時間はかからなかった。

飽くなき漢たちの挑戦がコオロギ給水機2号の改良を成功させた。

と、まぁこんな感じで完成しましたとさ(*´σー`)エヘヘ


ホームへ
ホームへ
SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー